企業の内部紛争について

創業者から株式を分け与えられ、取締役にも就任している。部下冥利に尽きることではありますが、ある日突然、取締役の解任を告げられたらどうしますか。
ワンマン創業者は、良い意味で人間的な魅力があることが多いですが、悪い意味ではわがまま、自分勝手な部分があることが多くあります。そのようなワンマン創業者から一方的に取締役の解任を告げられたら、どうすればよいでしょうか。
このような事態に陥った場合、すぐに当事務所にご相談ください。当事務所では、このような内部紛争案件を多数扱っております。その会社に残るにせよ、去るにせよ、あなたにとって最善の結果をもたらすよう、努力いたします。

お困りの場合は、すぐにお問い合わせください。


企業の法務トラブル解決事例

その他の解決事例はこちら
使用者側のご相談は初回無料です。まずはお気軽にお問い合わせください。06-6204-0555
メール受付
ご相談の流れ
Page Top