勤務態度の悪い従業員を解雇したところ、外部合同労組の執行委員を名乗る人物が来社し、「加入通知書」「団交申入書」「要求書」を持参し、当該従業員がその労組に加入したので、団交せよと言ってきた事案

 当該会社が顧問社労士に相談したところ、以前、社労士向けの「外部労組対応セミナー」で講師を務めていた原を紹介された。そこで、依頼を受けた当事務所所属弁護士が、その労働組合がどのような労働組合かをご説明したうえ、今後の進み方についてご説明した。

A69U01880001 その結果、当該会社として今後の対応について目途が立ったものの、そのような団交の経験がなく、交渉がうまくできるかわからなかったため、当事務所所属弁護士に対応を依頼、団交に代理人として当事務所所属弁護士が出席することとなった。

 団交における事前準備として、解雇理由を整理し、団交時にきちんと説明できるよう準備をした。

 実際の団交ではなかなか議論がかみ合わなかったものの、会社側は「訴訟になったらこの解雇理由でとことん戦う」旨の姿勢を示した。

 団交やそれ以外の場での協議の結果、「早期解決のため」に一定の解決金を支払うことで円満解決となった。

解決のPOINT

1 顧問社労士を通じて、すぐに紹介を受け、対応したこと
2 当該労働組合がどのような組合かを早期に把握したこと
3 団交前にきちんと事前準備を行ったこと

企業の法務トラブル解決事例

その他の解決事例はこちら
使用者側のご相談は初回無料です。まずはお気軽にお問い合わせください。06-6204-0555
メール受付
ご相談の流れ
Page Top