弁護士による顧問サービスについて

顧問弁護士なんて不要では?とお考えの方へ

_MG_0314「顧問弁護士って規模が大きい会社でなければ必要ないんでしょ」
「顧問弁護士がなんの役にたつのかわからない」
「顧問弁護士が必要だけど、費用も高そうだし、サービス内容もわからない」
「弊社は紛争も無く、健全な会社だから顧問弁護士は必要ない」

 ある統計では、顧問弁護士のいる企業は、全体の2割程度とされています。それだけ、顧問弁護士の必要性を感じておられない企業が多いということでしょう。

 多くの企業は、「不要である」と思っているというよりも、「料金が不明」「活用方法がわからない」といった理由で顧問弁護士がいないことが多いと思われます。

 しかしながら、日常的な契約の場面においても、顧問弁護士のいる企業とそうでない企業との間では、交渉力に明確な差が生じます。契約から生じるメリットデメリットを理解したうえで、契約交渉を行わなければ、知らない間に不利な契約を締結させられ、いざ紛争となったときには手足を縛られた状態で戦わなければならなくなってしまうでしょう。

 また、紛争解決にかかるコストは多大ですが、それに比べれば、顧問弁護士の存在による紛争予防コストはわずかです。訴訟になってから弁護士を探すのではなく、訴訟にならないために顧問弁護士が必要なのです。

 当事務所では、顧問弁護士をお探しの企業のために、初回無料でご相談を承っております。お気軽にご相談いただき、当事務所の理念や、所属弁護士の人格、能力を気に入っていただけたのであれば、顧問契約を締結して頂ければ幸いです。

顧問サービスに関するコンテンツはこちらをご覧ください。

>>顧問弁護士をお探しの方へ       >>顧問弁護士の活用方法

>>顧問弁護士に相談するタイミング    >>顧問弁護士の選び方

>>当事務所の顧問サービスの特長

企業の法務トラブル解決事例

その他の解決事例はこちら
使用者側のご相談は初回無料です。まずはお気軽にお問い合わせください。06-6204-0555
メール受付
ご相談の流れ
Page Top